ねこと暮らす

ねこと暮らします。

【猫のこと】食べさせてはいけないもの

久々に猫ちゃんをお迎えするにあたり、

ちょっと再確認したかったのが、危険なもの。

人間にとって普通に食べているものでも、動物にとってはそうでないものが結構あります。

うちにあったから、庭にあったから、なんて理由でうっかり食べさせてしまったら大変なことになります。

そうなる前に

猫にとって危険な食べ物

を復習したいと思います。

 

1.猫にとって危険な植物

 

猫ちゃんが口にしてしまうと体に大きな悪影響を及ぼす植物は、なんと700種類以上もあるといわれているそうです!

ユリ科  :ユリ・チューリップ・ヒヤシンス・スズラン←一番危険なのはユリ科
サトイモ  :ポトス・カラジューム・ディフェンバキア・モンステラetc
ナス科ホオズキ・チョウセンアサガオペチュニア・トウガラシetc
ツツジドウダンツツジ・アザレア・シャクナゲ・サツキetc
キンポウゲ科:キンポウゲ・アネモネクリスマスローズデルフィニウムオダマキラナンキュラスetc

その他:多肉植物、ドラセナの葉


◆猫にとって安全な植物の例◆

パキラ・エバーフレッシュ・サンスペリア・ヤシ科の植物


2.猫にとって危険な野菜

玉ネギ、長ネギ、ニラ、ニンニクなどの類は赤血球を破壊する成分が入っており、貧血を引き起こす恐れがあるので絶対に食べさせてはいけないそうです💦
春菊ほうれん草などに含まれる「シュウ酸」は摂りすぎると尿結石につながる恐れがあるため、特に泌尿器系の病気の猫に食べさせてはいけないものだそうです。もちろん健康な猫も避ける方が安全だそうです。

アボカドは「ペルシン」という物質によって中毒を起こす可能性があります。

 

3.猫にとって危険な果物

ブドウレーズンは腎臓へ影響を及ぼす可能性があるそうで、絶対に食べさせてはいけない果物の代表だそうです。
イチジクは口内の炎症や嘔吐の原因になるそうです。マンゴー酵素がアレルギーを引き起こす可能性があるので食べさせる量に注意が必要だということです。

 

4.猫にとって危険な海鮮

な、なんとカツオブリ寄生虫アニサキス」の危険があるらしく生であげるのは極力避けた方が良いそうです。。。。あげるときは細かいチェックが必要そうです・・・

生のエビやカニなどの甲殻類イカやタコなどの軟体類はビタミンB1を破壊する酵素が含まれているそうで、最悪の場合意識障害を引き起こす可能性があるそうです。

アワビやサザエなどには毒成分が含まれていて、これが体内に入ると「光線過敏症」を発症するリスクが高まりまるそうです。光線過敏症では耳の皮膚炎やかゆみが出て、最悪の場合、壊死する可能性もあると言われているそうで、、、恐ろしや~~

猫は魚好きってイメージなんですが、生であげるのは危険みたいです。
以前はまぐろのお刺身とかこっそりあげちゃってました( ノД`)シクシク…

大事に至らずに良かった。。。

焼いたものでも骨だったり、人間向けの味付けが猫にとって危険な場合もあるそうで、猫用に加工されたフードやおやつで魚をあげるほうがやはり良さそうです。

5.猫にとって危険なその他の食品

チョコレートやココアチョコレートやココア
猫が口にすると、テオブロミンやカフェインなどで中毒になる可能性が考えられるそうです。
さらに興奮状態になり発熱することも考えられ、最悪の場合死に至ることもあるらしく、身近なだけに気を付けないといけませんね。

生卵、生肉、骨
悪くなった卵や鶏肉などは人間が食べても食中毒になったりするように、猫も同様にサルモネラ中毒や大腸菌中毒を起こすことが考えられるそうです。

 

6.まとめ

再復習しましたが、、、初耳のものも結構ありました。。。

動物と一緒に暮らすときはいろいろ違うこともあるので気遣ってあげないといけないですよね。。。自分のあげた何かで何か起きてしまったら本当に後悔してしまいますもんね。

気を付けていこうと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら読者登録お願いします。


ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【猫とくらす】子猫に会うと決められない問題に終止符

ご覧いただきありがとうございます。

先日、久々に猫ちゃんをお迎えするのに、選べないというブログを書きました。

本当に悩んでしまいました。

猫ちゃんと暮らす方は2~3匹と一緒という方も多いのですが、

なにせ性格上、トイレや毛並みを、お食事を健康に保ってあげられるのか心配だし、

同じように可愛がれるかしら。と考えていたのですが、

我が家には子供たちがいることに気づきました。

お世話が~~~と悩んでいたところ

子供たちから世話をするからという言葉をもらい一安心。

あとは、💰。。。。

みんなの協力で節約して確保しよう!

ということになりました。

 

日々ブリーダーさんから頂く写真や動画・・・

悩んでいた子たちです。

姉妹なので、顔が似てる~~~

やっぱり選べない。。。。

ということで、、、やっぱり両方お迎えになりそうです。

6月の半ば以降の引き渡しのようです。

それまでにいろいろ揃えないと、、、

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【猫用グッズ】猫のための給水器を選ぶ

ご訪問ありがとうございます。

久々に猫を迎えるにあたり、またまたいろいろとリサーチ。

お水を飲んでくれる

自動給水器の選び方

1.なぜ自動給水器なのか

以前猫ちゃんを飼っていたとき、床置きのペットボトルを差しておくタイプを使っていたのですが、水を出すとすごく水を飲みたがったりすることがあり、そういう時には決まって何かの理由で水が汚れていたりしました。

私はズボラなほうなので、洗うのとかもきちんとやらないせいか容器自体も結構汚れがひどく、今回は2匹飼う予定なので、手入れが簡単な清潔なものを用意したいと思ったからです。

2.タイプは大きく2種類

循環式

内臓されたモーターで水が循環する仕組み。
フィルターでろ過されることにより、ペットの細い毛やほこり、カルキ臭などを除去して水を清潔にしてくれます。フィルターは定期的に掃除する必要あり。


ディスペンサー式

ペットが飲んだ分の水を自動的に補充するのがディスペンサー式。電源いらないので、省エネ。

3.口コミからおすすめ見つけてみた

循環式

エレコム自動給水器


プラスアクア 獣医師推奨 自動給水器

FEELNEEDY 給水器

なかなかの高評価です。

ディスペンサー式

YISAMEYA ペット給水器

ペット給水器 大容量

4.検証結果

やはり、電気を使ってフィルター交換のあるものの方が高評価です。
そして価格も高め。

その分お水が清潔に保てるようですね。

フィルター交換の手間と維持費がありますが、2匹ではこちらの方がよさそうです。

そして、、、
まだ猫ちゃんは来ませんが・・・💦

お読みいただきありがとうございます。

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【猫用グッズ】猫のためのキャットタワー選び

ご訪問ありがとうございます。

久々に猫を迎えるにあたり、またまたいろいろとリサーチ。

以前は小さいものを1回くらい買ったことがあったような~というくらいの記憶。

キャットタワーについて調べてみました

キャットタワーは室内で過ごす猫用意したいアイテムだそうです。

キャットタワーを用意したほうが良い理由として

運動不足解消・ストレス解消・リラックスできる寝床

になるからだそうです。

なので、うちに来る猫ちゃんたちのために素敵なキャットタワーを選べるように考えていきたいと思います。

キャットタワーの選び方

1.タイプ

キャットタワーのタイプは大きく2種類。

突っ張りタイプと据え置きタイプです。


安定性の面では、突っ張りタイプで倒れにくく安定性があるようです。

また、床だけで固定する据え置きタイプに比べると天井と床の両方で固定するので安全性が高いとのこと。

また天井と床で固定するため高さを取ることができるようで、高いところが好きな猫ちゃんの性質にぴったり♪

ただし、設置が簡単なのは据え置きタイプだそうで、場所を問わず手軽に設置したい人は、据え置きのほうが扱いやすいとのことです。

2.猫ちゃんの体系にあったもの

猫ちゃんの体系によってステップの大きさや間隔を考えてあげないといけません。

大型猫や胴長の猫を飼っている場合はステップの大きさに注意が必要だそうです。

ステップ幅
〇体長<ステップ幅 ならOK!  △体長>ステップ幅 だと降りにくい・・・

ステップの間隔

〇間隔30cm以下 なら短足種・子猫でも遊べる

△間隔30cm以上 昇りにくく落下リスクも。。。怖くて昇れないかも・・・

大型猫:平均体長

🐈メインクーン: 95cm
🐈ラグドール: 70cm
🐈サイベリアン: 60cm

短足種:平均体長

🐈マンチカン:40cm
🐈ミヌエット:55cm
🐈キンカロー:60cm

3.形や材質

ベット・ハウス・ハンモックがそろうと今のところ最強みたいです。

ハウスは猫の見張り台、ベッドは昼寝用、ハンモックは猫のリラックススペースとしての役割があるらしく、エンジョイできそうです。

しかし、、1頭につき1つが良いとのこと。。。多頭飼いの場合は喧嘩しないように考えないといけないですね。

側面は昇りやすく、木よりも布や麻縄が遊びやすいそうです。

ということで、選べなくて2匹になりそうな我が家向けで、かつリーズナブル、そして今日調べた内容を踏まえて買い物かごにいれたのがこちらの2点。

 

 

 

なんだかワクワクしてきました。

喜んで遊んでくれるといいな~

まだ猫ちゃんは来ませんが・・・💦

 

お読みいただきありがとうございます。

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【猫とくらす】子猫に会うと決められない問題

訪問いただきありがとうございます。

 

昨日ブリーダーさんのところへ伺って、子猫とご対面しました!!

 

写真をいただいていたので、お目当ての子も含め合計6匹の子猫ちゃんたちと会ってきました。

久々のベビーキャットちゃんは本当にかわいくて完全に迷ってしまっています・・・

1匹飼おうと思っていたのに、2匹お迎えしたくなっています。。。

 

以前の猫ちゃんの時はキジトラの柄と目があった瞬間にこの子!と思ったのですが、、、写真を見ていたことと、二匹に絞られていたことのせいか、、、

どちらにも きゅーーーーーん💛

ちょっとまだ決意がつきません。。。。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【猫用グッズ】猫を迎える準備


ご訪問ありがとうございます。

久々に猫を迎えるにあたり、いろいろとリサーチ。

以前、猫を家に迎えたのは20年以上前・・・

今とは違うようです。

なのでブリーダーさんにお聞きして、少しずつ備品を集めています。

【最初に必要だと思われる物】

①トイレ

②キャリーバッグ

③ゲージ(子猫なので)

④餌


キャリーバックとゲージはそんなに悩まずにこちらに決定。

お値段と収納しやすい、洗えるなどがポイントです。

 

 

餌はブリーダーさんの与えたものから徐々に変えるので、後で。

で、、結局トイレが非常に悩むのです。

猫トイレランキングとか、臭わない猫砂ランキングとかみたのですが、、、

ランニングコストの臭い、さらにデザインも関係してくるので、難しいのです。

以前の猫ちゃんの時は最終的にシステムトイレに落ち着いたのですが、

シートと砂の両方のコスパを考えると、臭いにくい固まる猫砂の方が良いのでは?

と思って色々検索してみました。


トイレには種類があって主に4種類くらいに分けられます。

オープンタイプ:シンプルで掃除しやすい

ドームタイプ:臭いにくく砂が飛び散りにくい

上から入るタイプ:猫砂が飛び散らない

IoTタイプ:猫の病気を発見しやすい

ちなみにあるサイトの猫トイレランキングベスト3はこちら

判断基準は

臭いにくさ

砂の飛び散りにくさ

 

利便性だそうです
私の関心の深いランニングコストには言及していません( ノД`)シクシク…

 

 

 

ちなみに猫砂にも種類があります。主に5つ。

シリカゲル系消臭力が高い
紙系:トイレに流せるなど後処理が簡単
木系:環境にやさしい
鉱物系:固まりやすくお手入れが楽
おから系:誤食しても安心


ちなみにあるサイトの臭わない猫砂ランキングベスト3はこちら

高評価順は

 

アイリスオーヤマ「お部屋のにおいクリア消臭 消臭サンド 香付き」

スーパーキャット「システムトイレ用 天然ひのき消臭チップ ひのきオイルプラス」

花王「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒」

猫砂もシステムトイレ用ばかりランクイン・・・
システムトイレがやはり臭いが抑えられるようです。

ネコ用システムトイレは、オシッコをシートで吸収するので手入れしやすく臭いにくいのがメリットらしいです。掃除回数が少なくて済むというのも良い点だそうです。

ただし、システムトイレは猫が嫌がりやすく、普通のネコトイレよりお金がかるというデメリットがあるんですって。

手入れしやすいといいますが、、💩うんちはスコップで取らないとだし、、、以前シートを交換するのを忘れて、シートがびしょびしょになっていたトラウマと、最近の物価高も相まってなんだか何が良いのか分からなくなってしまいました。

 

で、最終的にチャレンジで買ってみたのがこちら(まだ、猫いないのですが💦)

 

なんだかかなり臭いが抑えられるのに固まるらしいのです。
好評なので試してみます。
感想は・・・猫ちゃんが来てからになりますが。。。

という訳でこれから猫ちゃんを迎えるにあたっていろいろ調べてみました。

 

お読みいただきありがとうございます。

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i

 

【ねこと暮らす】ねこを家族に迎える

はじめまして。

よね と申します。

歳はアラフィフ。

子供3人。

昨年、築45年の寒い家に耐えられず

家を立て直してはや1年。

以前は犬と猫と生活していたこともありましたが、

お別れが辛すぎて、、、ずっと迎えることができませんでした。

そして家も新しくなったばかりということで、動物はちょっと。。。

と思っていたのですが、

ミニマリストになった私は時間に余裕ができ、

子供たちも大きくなったこともあり

なんだかまた、ねこと暮らしたくなってしまいました。

 

ということで、今日から少しずつ猫をお迎えする準備と、

絶対愛してやまないであろう少し未来の我が子(猫)との生活を記録すべく

このブログを書いていこうと思います。

 

ねこちゃん好きの方ともつながれると嬉しいです。

親バカブログになると思いますので💦

よろしくお願いします。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

よかったら読者登録お願いします。

ミニマリストブログ

資産運用のブログ

i